2008年07月29日

「ハプニング」鑑賞

予告編で人がばたばた倒れる映画「ハプニング」。
M・ナイト・シャマランの映画再びということで見に行ってきました。

前評判ではいまいちだったみたいですが僕はかなり楽しめました。

ハプニング
何も知らずに映画を見たほうが楽しめるかもしれませんが、
突然人がおかしな行動をとりだして自殺をする異常現象が発生。
いったい何が?という映画です。

「私たちは正体がわかっているものには恐怖を感じ
 正体のわからないものには不安を感じる」
というキャッチコピーの通りの作品だと思いました。

発生する現象があまりにも異常すぎかつその原因が全く不明。
そしてごくごく身近で次々に発生。次は自分?妻?

ハプニング
全編不安に満ちていて、僕もその不安に巻き込まれました。
死の描写が異常だったこともあり、結構怖い映画でした。

この映画を見ていて思ったのは、
「クローバーフィールド」「ミスト」と同種の映画だなということ。

「クローバーフィールド」は手持ちカメラの撮影ということが特徴的でしたが、
何が起こったのかわからない状況下でもがく人々を描いていましたし、
「ミスト」も霧の中にいる何かに脅え、追い込まれる人々の様子を描いてました。

ハプニング
この「ハプニング」の結末がどうなるのかは自分で映画を見てほしいのですが、
エンディングも含めてありな映画だと思いました。
彼の監督作品の中ではシックスセンスの次に好きかも。
posted by ヒロ at 02:18 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。