2008年12月22日

M-1グランプリ2008「NON STYLE」が優勝

M-1グランプリ2008が終わりましたね。
NON STYLE以外は良く知ってるコンビばかりでしたが、
その唯一知らないNON STYLEが優勝しましたーヽ(´ー`)ノ

超有名コンビは少なかったですが、
結構どのネタも面白くて今までより盛り上がった感じがします。

今日は映画を一本見た後時間までに家に帰って、
すき焼きを食べながらリアルタイムにM-1を見てました。

今回の審査と僕が面白いと思ったもので
唯一評価が違ったのは笑い飯ぐらいかなあ。
笑い飯のネタが終わった瞬間決勝進出はないなと思いましたが、
ぎりぎりまで残ってましたね。

下記が僕の思った予選の段階での順位。

1. オードリー(敗者復活)
2. NON STYLE
3. ナイツ
4. U字工事
5. ダイアン
6. 笑い飯
7. モンスターエンジン
8. キングコング
9. ザ・パンチ

オードリーは初めて見たネタでしたがかなり面白かった。
会場も盛り上がってたしあの勢いなら1位でいいかもって思いました。

NON STYLEは初めて見ましたが面白かった。
緊張しているといっていたわりに流暢でネタは抜群でしたね。
ずっと見ているとボケ担当に腹立ってくる気もしますけどね(笑)

ナイツは同じ型にはまった漫才ばかりで、
予選のネタも決勝のネタも何度も見た事があるものでしたが、
まあ予選のネタなら客も笑ってたし決勝進出もわかる気はしました。

U字工事は今までそれほど好きなコンビではありませんでしたが、
今回のネタはかなり面白かった。決勝行くかと思いました。
笑い飯よりは絶対面白いって。

ダイアンのあのネタと雰囲気は好きですね〜。
トップバッターだったこともあるかと思いますが、
後から出てきて爆笑を取っていたコンビに比べると
勢いがなかったように感じますね。
テンポと間も切れがなかった。

笑い飯はいつもワンパターンで飽き気味だったのですが、
ちょっとだけ変化を出してきたかと思いました。
しかし結局いつものWボケパターン。
普段に比べて面白さが足りない感じだなあと思いました。

モンスターエンジンは神々の遊びのネタしか見たことがなくて、
いったいどんな漫才をするのかなあと思ってましたが、
ところどころ面白いんですが全体としてはやや物足りなかったなあ。
若干切れもなかった感じ。

キングコングははねるのトビラは見ているのですが、
どうも漫才のネタは面白いと思えないんですよね。
今回のネタも高度な感じが足りなくていまいち。

ザ・パンチは普段見ているときはそこそこ面白いと思ってみていたのですが、
今日テレビで見ていたときはその面白さが全然出てませんでした。
かなり緊張していたように見えました。
間が悪かったなあ。

ってことでまあ決勝に行った3組は納得の3組でしたね。
笑い飯が決勝に残るのはちょっとなあと思っていたので、
オードリーがトップに出てきたときはスカッとしました。

そして決勝。

決勝1組目のナイツが終わった段階で、ナイツはないなって思いました。
予選と同様知っているネタでしたが、やはり予選と同じパターンでは
決勝は勝ち残れないでしょうし、予選に比べると内容も面白くなかった。

NON STYLEは素直に面白かったし予選よりも良かった。
これなら優勝してもおかしくないなあと思ってました。
突っ込みの方の衣装がいまいち好きになれませんでしたけどね。

そしてオードリーのネタ。
僕が予想したとおり選挙ネタを持ってきてました。
何度も見たことあるのでインパクトはなかったのですが、
予選の方が断然面白いと思いましたし会場でも受けてましたよね。

やっぱり予選よりも面白かったNON STYLEが優勝したのは納得です。
5対2でNON STYLEとオードリーぐらいかなと思っていたらやはりその通り。

今年のM-1グランプリ2008はなかなか楽しめました。
関西で活躍していたNON STYLEが来年どんな活躍を見せるのか楽しみ。
しゃべりは大丈夫かなあ。
posted by ヒロ at 02:40 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

電動夏子安置システム「そのどちらかは、笑わない。」鑑賞

電動夏子安置システムという劇団の
喜劇の3部作最終章「そのどちらかは、笑わない。」を見てきました。
今回は時間がテーマです。

そのどちらかは、笑わない。
3ヶ月連続で同じ劇団の舞台を見るなんて初めてでしたが、
どれも工夫を凝らした内容で演出がうまい。
お気に入りの劇団になりました。

今回の舞台は、ある2つの舞台が行われている共通楽屋の風景。
左奥の舞台に出演している役者と、右奥の舞台に出演している役者。
そして両方の舞台に出演している役者がいる。

衣装を着替えたり財布がなくなったり腹痛になったり
お弁当を食べたりと大忙しの舞台裏。
そんな大忙しな中で起こる事件、そして時間の逆流。

何度となく繰り返される楽屋の風景で
いったい誰が何をたくらんでいるのか複雑に。

今回も確かに面白かったのですが、
疑問に残るところも多くありました。

止まった時間の中で何人かが動く場面があるのですが、
その場面の意味というか動く順番というか動かないフリなのか
誰が何を把握できているのかもうわけわかりませんでした。
読んでも何のことか意味わかりませんよね(笑)

凝った演出が多い劇団なので
見てるほうも疲れますがお勧めの劇団です。
posted by ヒロ at 01:35 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。