2009年10月11日

「カイジ 人生逆転ゲーム」鑑賞

原作を一部読んでいて好きなので
映画が公開されるのを楽しみにしていた
カイジ 人生逆転ゲーム」を見てきました。

カイジ 〜人生逆転ゲーム〜
この映画は、金に行き詰った人たちを集めて仕掛けられる
生死をかけたギャンブルに挑む人々の姿を描く話。
基本金持ちが困った人間を見て楽しむと言う悪趣味な設定です(-"-;)

設定は悪趣味なのですが、
不利な状況から何とか勝利するためにいろいろ考え、
主催者を脅かす大逆転を巻き起こしたり、
やっぱりまんまとやられて大変なことになったり、
それでいてもう一度チャンスを拾ったりと波乱があり楽しめるようになっています。

カイジ 〜人生逆転ゲーム〜
人間としての信頼や裏切り、本性などが見え隠れする
ストーリーもついつい見入ってしまうんですよね。
もうすぐ始まるドラマ「ライアーゲーム」ともちょっと似てます。

非常に泥臭いストーリーなのですが、
実写映画でいかにリアルさを出すかは演技が難しいところ。
この映画はそれをなかなかうまくやっていたように思います。

カイジ 〜人生逆転ゲーム〜
藤原竜也さんも良かったですが、
僕の大好きな香川照之さんが今回も良かった!ヽ(´ー`)ノ
お金を持ったいやーな組織の人間ですが、
嫌味たっぷりな口調や表情、時にはあせる表情を非常にうまくこなしてました。

今回は「限定ジャンケン」「鉄骨渡り」「Eカード」と言う3種類のゲームが展開。
それぞれ見せ場があり、なかなか緊迫感もうまく作りこんであり、
一緒になってゲームに参加しているような臨場感もありました。
「鉄骨渡り」は本当に悪趣味でゲームとも言えない感じですけどね。

Eカード編は漫画で見落としていたけどちゃんと
「限定ジャンケン」ともつながっていてすごく良かったです。
これがないまま終わっていたら物足りなかったですが、
ここまであって作品としてまとまっていて良かったと思います。

まさか松山ケンイチが出ていると思わなかったのでびっくりでした。

この映画パチンコ編や変則2人マージャン17歩編など
まだまだ映画化できる種がいっぱいあるので、
きっと続編が作られると思うので今からそれが楽しみです(^^)
posted by ヒロ at 23:08 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

merrymaker「ミネルヴァの梟は新月に飛びたつか」鑑賞

merrymakerの舞台を見てきました。
僕がこの劇団を初めて見たときの舞台が、
「ミネルヴァの梟は新月に飛びたつか」でした。

ミネルヴァの梟は新月に飛びたつか
そして今回はその再演。
再演なので内容はほとんど知っていますが、
キャスト一新で新しい舞台と思っていいかもしれません。

内容はオンラインゲームに身を投じて
ゲームをしていろいろ戦いつつ、
それぞれの目的を果たそうとする物語。
ゲーム好きには小ネタが多くて楽しめるのですが、
ゲームを知らない人には笑いどころがわからないかも。

で実際見てみた感想は、
今回も十分面白かったのですが、
初めて見たときの感動は超えられなかったなあ(;´д`)

内容を知っているというだけで不利な状況なので、
よほどでないと初めて見たときの面白さは
超えにくいと思いますがそれを期待してるところがありました。

キャストが変わって面白くなった部分や
時間がたったことで少し新しい内容が増えていることもありましたが、
わりと普通に見ちゃったなあ。

見たのが今回の公演の初回だったこともありますが、
トチル場面が多かったのが残念だったなあ(;´д`)
トチルと舞台の世界観が崩れてしまって、
台詞を覚えて演技してるという見え方をしちゃうのがもったいない。

プロの舞台を見に行くとトチル場面って見たことないので、
やはりこのあたりはプロとアマチュアの差なのでしょうか。

別の劇団からの客演である椎名亜音という方は、
トチルこともなく演技もばっちり。
一番うまかったかも。

この人何回か前にも客演してましたがそのときもうまかったんですよね。
この人の元の劇団である「劇団6番シード」という劇団が気になりました。
こっちの劇団もいつか見に行こうかな。
posted by ヒロ at 01:20 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。