2008年06月10日

恐るべし小学館の内情

少年サンデーと言う雑誌で「金色のガッシュ!!」と言う
漫画を描いていた雷句誠という漫画家さんが、
小学館に訴訟を起こしたのは少し前のニュース。

FNN
毎日jp
アニメ!アニメ!
などなど。

内容はカラー原稿をなくした事に対する損害賠償ですが、
彼のブログを見ていると、訴訟で訴えたかったのは
そんなことではないであろうことがわかります。

こちらが雷句誠さんのブログ。

そしてこれが訴訟の記事

ブログ上で陳述書を全文掲載し、小学館の内情を痛烈に批判。
その内容を見ていてかなりびっくりしましたね。

小学館の関係者の雷句さんに対するひどい扱いの数々。
どうやら他の漫画家さんも小学館では
同じような扱いをされているみたいで、
他の出版社はここまでひどくなさそうなことが伺えます。

個人的には漫画家はかなり尊敬している職業で、
絵がうまいことももちろん尊敬ですし、
何年間も読者を飽きさせずにストーリーを巧みに展開していく
神業とも言えるその職人技に感動さすら覚えています。

そんな漫画家さんに対して何でこんな失礼な対応が出来るんでしょう?
びっくりです\(゚o゚;)/
俺が育ててやってると言う気持ちが強いんでしょうか?

彼の暴露的ブログに連鎖して
新條まゆさんと言う元小学館で漫画を書かれていた漫画家さんも
同じような内容で小学館で漫画を書いていた頃の苦しみを書いておられます。
その記事はこちら

漫画を描いている途中に小学館に対して
反抗的な態度をとることは命取りですし、
離れる人、離れた人しか公だってこういうことは言えないでしょうが、
それだけに今漫画を書いている人が苦しみながら漫画を描いている姿が
想像できます。

小学館の悪いうわさが出揃うと、裁判の結果がどんな結果に
なっても小学館はイメージがかなり悪くなりそう。
っていうかもうなってますけどね。

この先小学館はどうなるんでしょうかね。
少年サンデーは毎週読んでますがなんだかがっかり。
posted by ヒロ at 00:16 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。