2008年06月28日

東京オンリーピック開幕間近

オンリー平主任。
石塚です。

昨日はマスコミの取材に混ざって
東京オンリーピック」と言う映像作品の完成披露試写会に行ってきました。
2008/8/8より新宿バルト9で公開されるみたいです。

今年は北京五輪でも盛り上がる年。
東京ではこの東京オンリーピックが盛り上がるか!?

東京オンリーピックとは
あの「スキージャンプ・ペア」の監督真島理一郎さんが総監督となり、
15組のクリエーターのコラボレーションによる架空競技だらけの競技大会。

例えば
ブランコで靴を飛ばすブランカー。
家の中のトライアスロンホームアスロン。
親を投げ飛ばしてしまう男子親離れ。
いかにサムライと言う言葉をカッコよく叫ぶかを競うサムライコールなどなど。

オンリーピックと言う名称は"Only"と"Picture"をあわせた造語で、
唯一無二のスポーツ映像作品と言う意味。

この取材に参加するまで僕は全く知らなかったのですが、
映画館でこういう映像作品を見たのは初めて。
思った以上に非常に楽しめる内容でした。


予告編を見てもらったほうがわかりやすいので是非!

内容は、日本人監督が作る12作品と海外の監督が作る3作品。
そして開会式と閉会式、作品の間をつなぐナビゲーター部分からなります。
ナビゲーションを担当するのは茂木淳一さんとしょこたんこと中川翔子さんです。
茂木さんは真島総監督の同級生みたいで、
スキージャンプペアでも実況アナウンスを担当されていたみたいです。

すべてを詰め込むと3時間を越える大作になってしまうため
映画館では海外の3作品は公開されず、ナビゲーション部分も大幅カット。
DVDには海外の3作品と面白ナビゲーション部分全公開となるらしいです。

いやー長くなっても良いので全部見たかった(;´д`)

単純なオムニバス映画のような構成ではなく、
ちゃんとナビゲーターがいて実況中継みたいな感じになっていて、
アニメだとかCGだとか実写だとかごちゃ混ぜなんですが
一つの競技大会として見えたのも実に良かったです。

監督もおっしゃってましたが、
パブリックビューイングのような感覚で見るととてもしっくりくるかも。

そして一つ一つの競技はむちゃくちゃな設定のものが多いですが見入っちゃいますね。
意味わからないのも多々ありますけど(笑)

茂木さんとしょこたんの面白具合も片鱗は見えましたが
まだまだ物足りないのでDVDで是非見てみたいと思いました。

東京オンリーピック
全員ではないのですが、真島総監督の日本人監督のクリエイターの皆さん、
そしてナビゲーションの茂木さんが舞台挨拶に来てくれました。

東京オンリーピック
マスコミ取材向けの撮影タイム。
僕は一番後ろの席から望遠で撮るしかありませんでした(;´д`)

東京オンリーピック
一番右側が茂木さん。
舞台上でのトークでもその個性を発揮。
めちゃくちゃトークのうまい面白い方でした。

なかなか面白い作品なので興味がある方は是非ヽ(´ー`)ノ
posted by ヒロ at 16:23 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。