2008年08月31日

「本格科学冒険映画 20世紀少年 第1章」鑑賞

僕の際好きな浦沢直樹さんの大ヒットマンガをベースに、
膨大な制作費と豪華な出演者を起用、そして3部作構成で制作された
本格科学冒険映画 20世紀少年 第1章」を見てきました。

やたらプロモーションが多くて、
普段からいっぱい映画を見る僕としては少々うるさかったのですが、
やっぱ浦沢ファンかつ映画好きとしては見とかないとダメでしょう(-"-;)

たとえ面白くなくても3部作最後まで見ますよーん。

さて見た結果としては、うーーん面白いのか面白くないのかわからん(笑)

20世紀少年
マンガを絵コンテ代わりに撮影したらしく、
時代の移り変わりや展開はかなり漫画に近い描かれ方。
連載を読んでただけで漫画を読み返したことはないのですが、
懐かしく思い出しながらそこそこ楽しめました。

ただ、カット割りと言うか映像の作りまで漫画的で、
漫画だから許されていたような間合いが
そのまま映画に持ち込まれていたような感じがしました。

実写化する以上リアルさにはこだわって欲しかったです。
僕のマイナスポイントはここかな。

20世紀少年
ネット上では豪華キャストと演技力をほめる人が多いようですが、
僕は逆に演出も手伝ってか演技は嘘っぽく見えて仕方なかったです。
と言うことで映画作品としては全体的に微妙な気がしました。

20世紀少年
大人の部よりは子供の部の方がまだ良かったかな。

1部はここまでだろうなってとこでやっぱり終わりましたが、
謎を残して2へのつながり方や、
エンドロール後に流れる第2章の予告は面白そうだったので
一応楽しみに待ちたいと思います。

第2章は2009年1月31日公開ですヽ(´ー`)ノ
posted by ヒロ at 02:25 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。