2008年09月25日

「会社をぶっ壊してチームを創ろう!」を読んだ

久しぶりに本を読みました。
本屋で適当に購入した「会社をぶっ壊してチームを創ろう!」と言う本。

会社をぶっ壊してチームを創ろう!

前回の読書の記録をブログで見た感じ1か月半ぶり。
大体最近の読書はそんなペースかな。
でも今はすでに読みたいと思って買った本が2冊と
研修でいただいた本が3冊ぐらいあるのでたまりまくってます。。

さてこの本の内容は働く本質的な意味を考え直すような本。

会社の雰囲気をリアルに変えていくための方法を
考え方から始まって具体的な手法まで徹底的に教えてくれていて
非常にわかりやすくて読みやすかったです。

ためになったなあで終わらせずに、
本当に実践していくにはどうするかと言うところを
意識して書かれて、著者の思いが伝わってきました。

会社は仕事の内容でつながる集団で、
チームは仕事の意味でつながる集団。

学生のころの記憶に当てはめてみると、
クラスでは普段おとなしく個人個人勉強している集団が、
クラス対抗ソフトボール大会では目標を一つにして一丸となる。
それが会社とチームの違いだとのこと。
なるほどね。

さらに言うと、喫煙室で盛り上がるのが会社で、
会議室で盛り上がるのがチームらしい。
なるほどね。

与えられた仕事をこなすような感じではなく、
なぜその仕事をしているのか、何を実現させたいか。
ビジョンをはっきりさせるってことかな。
最近会社でもビジョンビジョンって繰り返されてますが(笑)

個人としてどうなりたいか、
何を実現させたいかという理想のゴールをはっきり持ち、
それを会社の実現させたいことと少しずつ接続させていく
と言うような話になってます。

ここで個人のなりたい姿を描いていく方法が、
梅田望夫さんが「ウェブ時代をゆく」で書かれていた
ロールモデル思考法とほぼ同じだったのがうれしかったですね。
自分の惹かれるものから共通要素を見つけ出していくやり方です。
それは僕もいい方法だと思ってるやり方です。

最初にも書きましたが、
後半は具体的な手法でステップに分けて
少しずつでも会社を今より前進せようとする具体的な手法が続きます。

なかなかためになる本でした。
posted by ヒロ at 22:25 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/107148388
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。