2008年10月27日

PocketSheepS「創界のマトリョーシカ」鑑賞

旗揚げ前の俳優教室卒業公演からすべての舞台を見ている
PocketSheepSと言う劇団の第4回公演
「創界のマトリョーシカ」という舞台を見てきました。

創界のマトリョーシカ

今回の物語はファンタジー。

幻創界という神の住んでいた世界に集まる
いろんな物語から飛び出した主人公たち。
そこに救世主として呼び出される普通の大学生、
さらにその物語を執筆中の作家まで。

それぞれ立場や思いの異なる登場人物たちが、
同じ世界で自分の運命を切り開いていく。
みたいな。

今回も非常に面白かったヽ(´ー`)ノ

最初は話が唐突でとっつきにくいかなとも思ったのですが、
そんな不安はすぐに拭い去られてどんどん面白くなっていきます。
キャラクターもはっきりしてて見やすかった。

作家が物語に入り込んでいく辺りはどうかなあと思ってましたが、
最後はひねりある工夫された展開で裏切られました。
急にメッセージ性も感じたりしてびっくりw(゚o゚)w

こういう脚本書けるのってすごいなあと感心です。

次回も楽しみ。
posted by ヒロ at 00:33 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。