2008年11月02日

「レッドクリフ PartI」鑑賞

三国志の世界をジョンウー監督が描いた映画
レッドクリフ PartI」を見てきました。
今回は2部構成の第1部です。

レッドクリフ PartI
いやー見ごたえ十分大迫力ヽ(´ー`)ノ
魅力ある登場人物がたっぷり。
すごく面白い映画でした。

80万の大群を率いる一大勢力曹操。
そして劉備、孔明(金城武)、趙雲、関羽、張飛。
さらに孫権、周瑜(トニー・レオン)、尚香(ヴィッキー・チャオ)、
甘興(中村獅童)、小喬(リン・チーリン)、魯粛。
名だたる武将たちが勢ぞろいです。

物語は実は一度もちゃんとは読んだことないので、
部分的にしか知らないのですが赤壁の戦いぐらいなら知ってる程度。
ゲームはやってましたけどね♪

レッドクリフ PartI
大軍を率いて天下統一を狙う曹操。
そしてそれに迎え撃つため同盟を結ぶ劉備と孫権。
劉備軍の孔明(金城武)と孫権軍の周瑜(トニー・レオン)の2人が熱い!

戦闘はとことん迫力ありスローありのアクション。
ジョンウー監督のとく意図するところでもあり迫力抜群。

冒頭からアクションが続いたので
このまま延々アクション映画なのかと思ってしまったぐらい。
でも見所はアクションよりも人間ドラマのほうかなあ。

特にトニーレオン演じる周瑜がいいですね〜。
司令官としても慕われ、美しい妻、孔明との友情、
思いっきりキーパーソンです。
惚れてまうやろー(by Wエンジン)って感じです(笑)

レッドクリフ PartI
周瑜の妻である小喬を演じる
ファッションモデルのリン・チーリンさんが美しすぎ( ̄□ ̄;)!!
映画初出演みたいですが存在感ありまくり。
曹操も彼女に惚れているのでPartIIでも彼女がどうなっていくか見もの。

PartIはいよいよ赤壁の戦いが始まるぞってとこで終わりましたが
早くPartIIが見たくてしかたないです。
エンドロールの後にある予告編もすごい迫力でした。
2009年4月の公開が楽しみです。

これはセットでBlu-Ray買います(笑)
posted by ヒロ at 13:43 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。