2009年01月18日

超高圧加工&科学加工

久しぶりに見たジキル&ハイド。
一度は食べて見たい新食品スペシャルというテーマで、
新しい料理の可能性を見た感じ。

紹介されていたのは主に2種類。

その一つは食品を超高圧加工することで、
食品の栄養素を損なうことなくそして細菌をすべて破壊して
さらにうま味を増徴させながらエキス化できる技術。

まさに良いことづくめ。

普通に調理するよりも、
超高圧食品加工でエキス化した食品を材料に用いた方がおいしそう。
実際に料理に使っているシェフもいるみたいで一度食べてみたいなあ。

そしてもう一つが科学の力を利用して
食品をカプセル化したり液体窒素で冷凍粉末化したりして
それを料理に生かす技術。

味噌汁をカプセル化して固体のように食べたり、
フォアグラをミキサーにかけた後ムース状にして
それを液体窒素に通して粉々にして粉末にして
コンソメスープに合わせて食べてたのがすごいおいしそうでした。

こちらも今までにない新感覚かも。

いやーめっちゃおいしそうな1時間でした。
そういう料理が食べられるお店無理してでも行ってみたいなあ。
posted by ヒロ at 23:25 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/113629829
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。