2009年02月15日

「赤い糸」がいよいよ映画を超えてきた

ドラマ版「赤い糸」は映画版で省略されていた
細かい部分を詳しくした感じで進んでます。

映画を見て大筋はわかっているので、
いつもパソコンしながらさっと流す感じで見てました。

そしてドラマは第9話の放送が終わって、
後半の最後の方ちょっとだけ映画の範囲を超えました。
やっとか(;´д`)

映画より詳しい内容だとは言うものの、
決して意外な方向に進んでいくことはないので、
映画を見てしまうとドラマは純粋には楽しめなかったです。

ドラマと映画がコラボするパターンとしては、
ドラマの後日談を映画化。
ドラマを違うキャストで映画化。
映画をもう一度ドラマ化。
などいろいろなパターンがあったと思います。

今回は映画とドラマで一部同じ映像を使っていると思われ、
今までにない新しいパターンだとは思うのですが、
やはり両方を純粋に楽しむのは難しいです。

ドラマがヒットしたのでその後の展開というか
違うエピソードを映画化して稼ぐのがやっぱり王道かな。

とりあえず「赤い糸」はいよいよ映画の続きの話が展開するので、
ここからは真剣に見られそうですヽ(´ー`)ノ
posted by ヒロ at 23:58 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。