2009年03月03日

「7つの贈り物」鑑賞

映画「7つの贈り物」を見てきました。
ウィルスミス主演です。

7つの贈り物
この映画賛否両論のラストということですが、
なるほど確かに意見が分かれる終わり方でした。

現実的に主人公と同じようなことを考えて
同じようなことをやる人がいるかいないか想像すると、
なかなかいないとは思いますが、
そうしたい気持になることは十分に理解でき、共感できました。

7つの贈り物
映画の中の事をリアルに受け止めようとすると結構泣けてきました(T-T)

ただ、本当はもっと世間に貢献し続ける方法もあると思います。
そして多くの人を救う道もあると思います。

でもそうしなかったのは人間を漠然としたものと捕らえているのではなく、
一人ひとりの人間とじっくり向き合い、愛し、納得できたからなのかと。

7つの贈り物
現実のニュースとして聞くとどう感じるかは難しいですが、
映画としては非常に見る価値のある映画だったと思います。
賛成か反対か以上に何かを感じられるものがあると思います。
posted by ヒロ at 02:10 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/115161592

映画「7つの贈り物」
Excerpt: 原題:SEVEN POUNDS それを贈り物と呼ぶにはあまりに哀しい、イエス・キリストが人々の罪をあがない人類を救うために自らを十字架にかけた、かのように、贖罪はミステリアス〜 不..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2009-03-05 01:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。