2009年07月07日

「MW ムウ」観賞

手塚治虫原作の映画「MW ムウ」を見てきました。
玉木宏さんと山田孝之さん主演です。

16年前にある島の住民が一夜にして虐殺される。
そしてその事件から生き残った二人が主人公。
一体16年前に何が起こったのか?
生き残った2人は何をなそうとしているのか?

手塚治虫さん原作ならとばと思って見に行ったのですが、
なかなか見ごたえのある作品で非常に楽しめました。

MW
最初からスピード感のある映像でつかみが良かったので、
そのまま話の展開にも勢いがついて最後まで見いっちゃいました。
石橋凌さんかなり頑張ってたなあ。

話が面白くて全体的に気に入ったのですが、
光と影、善と悪、破壊か祈りか、なんてうたっている割に
玉木宏さんばかりが主役として際立っており、
山田さんはちょいやくか?と思うぐらい活躍が少ない!

MW
そういうストーリーだから仕方がないのかもしれませんが、
山田孝之さんの活躍が少なかったのは残念な所でした。

玉木宏さんは顔が痩せてからあまり好きじゃなかったのですが、
今回の役どころはなかなか良い雰囲気だしてました。
ラブシャッフルの演技は個人的には鼻についた感じがしていたので、
こっちの役のほうが断然似合ってていいです!

山下リオさん好きなのでもっと活躍してくれると良かったんですが、
彼女も活躍は少なかったなあ、残念。

MW
石田百合子さんも物語を面白くする役どころでしたが、、、
彼女の活躍はスクリーンで確認してください(;´д`)

漫画も読んでみようかな。

MW VISUAL BOOK (ぴあMOOK)
MW VISUAL BOOK (ぴあMOOK)
posted with amazlet at 09.08.02

ぴあ
売り上げランキング: 253
おすすめ度の平均: 5.0
5 かっこいい・・・
5 MWを100倍楽しむ一冊
5 おすすめです
4 買って損なし


MW(ムウ) (1) (手塚治虫漫画全集 (301))
手塚 治虫
講談社
おすすめ度の平均: 4.5
5 天才というほかない
3 思ってたよりも
4 悪の権化
5 勧善懲悪に唾を吐け!!!
5 手塚作品史上、最も悪に徹した作品

posted by ヒロ at 02:14 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。