2006年07月10日

宇宙エレベーター

先日アマゾンで「宇宙エレベーター」という本を衝動買い。
それを読み終えました。
宇宙エレベーター

と言ってもページ数も文字数も適度で内容も読みやすくて、
なんといっても興味深い内容だったからあっという間。

実はこの本、宇宙エレベーターの話は話のとっかかりに過ぎず、
宇宙エレベーターについて書かれているのはわずか。

残りは「宇宙って?」「次元って?」
「時間って?」「原子って?」のような感じで
科学的な物事をわかりやすく説明しつつ
著者であるセルカンという人の持論も織り交ぜるといった内容。

このセルカンって人の好奇心やら想像力やらが非常に旺盛で、
僕はとにかく彼そのものに興味が沸きました。

この本は宇宙エレベーターについて科学しまくる本ではなく、
セルカンって人が自分の興味を持っている関心ごとについて、
より多くの人にも興味を持ってもらおうと思ってわかりやすく説明してくれていて、
彼自身がどこからやってきてどこへ行こうとしているのかを
探る旅のような本。

この手の本を久しぶりに読んだのでちょい刺激受けました。
何か興味あることをとことん研究してみたりしたい気分。

人に気軽にお勧めできる良い本でした。
posted by ヒロ at 02:49 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。