2006年08月02日

東京タワー

通勤電車の往復で少しずつ少しずつ読んでいた
「東京タワー」をようやく読み終えました。

東京タワー

いやーこれはやばいです。
こういう本読んだの久しぶりかも。

テレビで見かけるリリーフランキーさんの雰囲気からは
この本に書かれているような人生を歩んできたとは想像できませんでした。
実は彼、非常に人間らしさにあふれた親思いの方なんですね〜。

それに彼のお母さんが本当にすごいくできた人間で、
いつでも子供思いで豪快で、とにかく人に飯を食わせる人。
自分が死んだ後の葬式代とかそんなところにまで気を回すなんて。。

30歳を過ぎても母親を東京に呼んで一緒に住んだりする姿は、
ちょうど今そのぐらいの年齢である僕とも重ね合わせながら
親に何もしていない自分を反省しましたね。

うーん東京タワー泣けたぜ。
posted by ヒロ at 23:11 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/22062187
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。