2008年02月23日

PocketSheepS「クレヨン×デスサイズ」鑑賞

いつも見ているPocketSheepSと言う劇団の第3回公演
「CRAYON×DEATHSCYTHE(クレヨン×デスサイズ)」と言う舞台を見てきました。

クレヨン×デスサイズ

デスサイズと言うのは死神が持っている鎌のことらしく、
死期が近い絵本作家と死神の話でした。

死ぬ少し前から地上に降りて死期の近い絵本作家を見守る死神。
しかし彼女の仕事の熱心さや妹さんの思いを知り死神の気持ちは変化していく、、

いやーめちゃくちゃ楽しくてすごく感動しました!ヽ(´ー`)ノ
正直ありがちな話なんですが面白いものは面白いと言いたい。
ここ1年ぐらいで見た舞台の中では一番面白かったかも。

PocketSheepSの舞台はとっつきやすくて
わかりやすい舞台が多いなあと思っていつも見ていたのですが、
今回も素直に入っていける舞台でした。

演技はとちる場面も少々ありましたが、
迫真の演技を見せる場面も多く思わず泣きそうでした。

もう一ついつも見ているmerrymakerの人も客演で多く出演されていて、
なんだか身内の舞台みたいな感じです。

いやー良い舞台に出会えた時は心踊ります♪
posted by ヒロ at 23:40 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/86922802
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。